読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

Toshi’s Enjoy Life

書きたいことを書く雑記ブログ!

目が疲れる時は放置しないで!眼科の受診と正しい目薬の使い方!

役立ち情報

スポンサーリンク


     f:id:tosikun0119:20170306150734j:plain引用元: pakutaso

 

みなさんこんにちは!

目薬をさすのが下手すぎて毎回絶望を感じているToshiでございます!

 

ほぼ一日中パソコンに向かっている私は最近目の疲れに悩まされています。

このところ目の疲れがひどくなって眼科に行ってきました。今もそうですが肩こりとかが気になって、もしや目から疲れがきているのかも?と心配になって先日行ってきました。

今回はそんな話と目薬の使い方について書いていきます!

ではいってみましょう!

 

目次

 

目が疲れるので眼科へ

目の疲れで悩まれている方はきっと多いかと思います。

「たぶんただの疲れ目だろう」と、その目の疲れを軽く考えてると大変なことになりかねませんし、それが原因で失明という危険性がでてくるので決して甘く考えてはいけないと思います。

 

私がとても参考になった記事がありましたのでご紹介させていただきます。

gamestart.hateblo.jp

 

自分の目は自分で守るしかありませんので気になったらすぐ眼科へ行って診てもらいましょう。

 

そんなこんなで私は疲れ目とまぶたが重かったので眼科行って診てもらいました。

 

ーーーー  眼科にて  ----

 

私:最近目が疲れているのか、まぶたが腫れっぽいんです。

看護師:こっち来てもらえます?感染症じゃないと思うんですが・・・

私:(どきっ)はっは・・・はい!

看護師:ここで待っててもらえますか。先生がいらっしゃるので。

私:はっはは・・・はひ! (動揺)

 

ーーーー  待つこと10分  ----

 

先生:はい、ちょっと診てみますね。

私:はっはは・・・はい!(心拍MAX)

先生:ふむふむ、ちょっと眼圧見てみますね。

私:(どきっ)は・・・はいい!

 

と、こんなやりとりがしばらく続き診断が終わりました。

しかし「感染症じゃないとおもうんですが」と言われた後の10分の待ち時間は生きた心地がしなかったですな!

 

診断結果

診断結果は「アレルギー性の炎症ですね」と言われました。ちょっと眼圧が高めとも言われてのでドキドキしましたが大したことなくて一安心でした。

そもそも「感染症じゃないとおもうんですが」と言われた時かなりビビりましたよ・・・。

 

そんなどっきどきの時間を乗り越えたので、会計までしばらくぼーーっとしていました

(゜o,゜) ← こんな感じ

 

ーーーー  そしていざ会計へ  ----

 

受付の女性: ~円ですね、目薬を処方しますね。

私:はっ・・・はい!?(やばい目薬さすの苦手なんだけど)

 

そんなことも言えるわけもなくしぶしぶ会計を済ますのでした。

 

目薬さすのが下手すぎる!

はい。これですよこれ!今日の本題でございます。

普段はコンタクトじゃなくメガネの生活なのであまり目薬をさす習慣がありませんでした。なのでほとんど経験がなく絶望するほど下手くそ!

私が目薬さすところなんて誰にも見られたくない光景でございますよ・・・あぁ情けない。

 

指でまぶたを開く(ここで苦戦)⇒ 一滴を点眼しようとする(なかなか一滴でない)⇒ 落ちてこないからどきどきする ⇒ まぶたに落ちて挫折

 

こんなコントを部屋の中で繰り広げられています。(ほんと情けない)

ピンポイントで点眼できる人はマジで尊敬します!(どうやってるんだろう)

 

目薬の正しい使用方法

しばらくは処方された目薬を使っていくのですが、もちろん目薬の正しい使い方があります。正しく使わないと本来の効果が得られないので注意したいです。

正しい使用方法

  • 使用前に手をきれいに洗う
  • 目薬の容器の先端は触らないように注意
  • まぶたを開き、目の中に一滴だけ点眼(これができない)
  • 目を閉じ、すこし待ってから目頭を押さえる
  • 二種類以上使用する場合は5分あけてから使用する

これらに注意しましょう!

使用前に手をきれいに洗う

指でまぶたを開くので手が汚れていては効果が薄れてしまうので、事前に手をよく洗いましょう。

目薬の容器の先端は触らないように注意

手が汚れている状態で先端に触れてしまうと雑菌が入りかねません。先端に触れてしまう可能性もあることから、そういう意味でも事前に手を洗うことが大事です。

まぶたを開き、目の中に一滴だけ点眼(これができない)

目のどこでもいいので一滴だけ点眼する。一滴で十分な量なので2~3滴する必要ないですし、多ければ良いというわけではありません。用法用量の指示を守って使いましょう。

目を閉じ、すこし待ってから目頭を押さえる

よく「目をパチパチさせるといい」と言われてますがこれは間違いです。

パチパチさせることで涙が出て薬液が流れてしまうので、点眼後は目を閉じすこし間をおいてから目頭を軽く押さえるのがいいです。

目頭を押すことで涙袋に薬液が入り込み眼球全体に浸透してくれます。

二種類以上使用する場合は5分あけてから使用する

間をあけずに使用すると、眼球に浸透する前に次の薬液で流れてしまうため効果が発揮されません。

浸透するには5分かかるということから、複数使う場合は必ず5分以上間をおいてから使用しましょう。

 

まとめ

f:id:tosikun0119:20170305213622j:plain

引用元:pixabay

 

今の時代パソコンやスマホなど目を酷使することが多いですよね。それにともなって目の疲れは非常になりやすく誰にでも当てはまることかもしれません。

目の疲れというのは肩こりや首こり、頭痛などを引き起こし悩まれている方もきっと多いかと思います。

ちょっとでもおかしいと思ったらすぐ眼科へ行くことが大事だとおもいます。無理しても決していいことありませんし、取り返しのつかなくなる前に行動したいものです。

 

自分の目をいたわってパソコン・スマホ・ゲームと付き合っていきましょう!

(今日も決まったな・・・ふっ)

 

では今回はこの辺で☆ (目薬さすの上手くなりたい・・・)

 

関連する記事です!併せてどうぞ!

www.toshi-enjoy.com